ようこそ国際交流協会へ!

稲美町の国際交流活動の支援を行っています!

カテゴリアーカイブ: マレーシア通信

ホーム > アーカイブ > マレーシア通信

【マレーシア通信No.12】

 

【マレーシア通信No.12】

~ラマダン~

イスラム教の人は1年間に30日間、断食の義務があります。今年も66日から75日までがその期間でした。それは、ラマダン(Ramadhan)で断食の月という意味です。イスラム教カレンダーの中にある月の一つで、日本の7月とか8月というのと同じです。その月は、朝食、夕食の時間が決められています。また、昼食や途中の飲み食いはできません。いくら暑くても昼間は、水も飲めないのです。断食はマレー語でプアサ(Puasa)と言います。

なぜこのようなことをするのか不思議に思いましたが、苦しみを分かち合うためだと教えてもらいました。貧しい人、満足に食事もできない人の気持ちを理解するための修行のようなものだそうです。

同僚(イスラム教信者)に聞くと、ラマダン中は朝4時に起きて食事の準備をし、家族で朝食を摂ると話してくれました。お祈り時間を知らせるアザーン(午前5時半)10分前までに食べ終わらないといけないそうです。また、夕食を食べてよい時刻はその日によって変わりますが、ほぼ午後720分以降です。夜の9時ごろまで食事をして睡眠をとり、次は4時半ごろに食事なので大変だと思います。

先日、友人がラマダンディナーに誘ってくれました。私がそこに到着したのは午後620分ごろでしたが、すでに多くのお客が椅子に座っていました。しかし、誰も食事を始めていませんでした。どのような料理があるのか見て回る人はいましたが、お皿に取る人はいませんでした。私も同じように食事を見て回りました。マレーシアの料理がたくさん並んでいて、どれもとてもおいしそうでした。スイーツもジュースも多くの種類があり、量もたっぷりでした。これまで食事に行って、お客全員がじっと待っている姿は見たことがなかったので不思議な感じがしました。

無題15無題14

午後710分過ぎになると人々が動き始めました。そして、お料理をお皿に取っていきました。しかし、その日は食事を始めて良い時刻が午後716分だったので、それまでは食べ始めません。アザーン(お祈り時間のお知らせ)がモスクから聞こえ、その時刻になってほぼ一斉に会食が始まりました。お料理を取っていた人がみんな椅子に座り、同時に食事を始める光景も奇異な感じがしました。信者の方は食事前のあいさつをして、まずナツメを食べます。ナツメは胃に優しく、栄養があるからだそうです。その後は普通の食事風景となりました。

当日は白バイが10台近く駐車してあり、ホテル内に大勢の警察官がいました。不思議に思って聞くと、王妃様(ジョホール州)主催の催し物があるということでした。係りの人が友人と私を会場の中に入るように促してくれました。(関係者ではないのに!)

無題13

会場にはたくさんの丸テーブルが置かれ、列を作っている人たち、座っている人たちと様々でした。王妃様が、親のいない子、体の不自由な人、火事などの災害にあった家族等々を招待されていたそうです。その人たちは一列になって王妃様の前に進み出でていました。王妃様は一人一人に声をかけ、プレゼントを渡されていました。

無題11 無題12

私たちはその様子を間近で見ることができました。写真を撮ることもOKでした。友人はマレー人でバジュクロン、ツヅゥンを着用していたので奇異には見えませんが、半袖ブラウスに綿パン姿の私はかなり目立っていたと思います。しかし、王妃様の近くまで行って、写真を撮っても周囲の人はにこやかな表情だったので、そのことに驚いてしまいました。多民族のお国柄だから、どのような人種であっても受け入れてくれる寛容さがあるからでしょう。

テーブルには食事の準備がされていました。私たちは途中で退出したので見ていませんが、セレモニーのあとは、盛大なラマダンディナーが開催されたことと思います。

1年前には王様にお会いすることができ、今回は王妃様でした。ジョホールにずっと住んでいる友人も初めてのことで、とても喜んでいました。ラマダンのお陰で素敵な経験をすることができました。

 

【マレーシア通信No.11】

 

【マレーシア通信No.11】

~パーティ~

日本の学校はどこも同じだとは思いますが、ジョホール日本人学校でも年に数回の懇親会が開かれます。歓迎会、運動会慰労会、ペスタクラパ慰労会、忘年会などです。ただ、違うところがあります。それは、歓迎会や送別会は勤務している教職員だけでなく、家族も参加するということです。

私の勤務しているジョホール日本人学校には13名の教員がいます。文科省派遣が12名、現地採用教員が1名です。任期は2,3年なので、そのうちの約3分の1が毎年入れ替わっています。

本年度も48日に5名の新任者を迎え、その数日後に派遣教員やその家族を歓迎するための「歓迎会 ウェルカム パーティ」を開きました。当日に向けて2年目、3年目の教員が協力してパーティの準備をします。ホテルの担当者と食事等についての打ち合わせはもちろんですが、歓迎のための自作映像も作ります。少しでも早くマレーシアでの生活に慣れてもらいたい、安心して学校での仕事に取り組んでもらいたいという願いからです。

また、迎える側は服装にも凝ります。マレーシアはマレー系、中華系、インド系の3大民族の国なので、当日は教員や家族も民族衣装を身につけます。私も1年目に迎えていただいたときは、先輩の先生方の服装に目を丸くしたことを覚えています。バジュ クロン、チャイナドレス、インドのサリー、もちろん男性の先生方も民族衣装です。あまりの変わりようにどなたかお名前も出てこなかったくらいです。

そんな経験から、私も2年目はマレー系の服である「バジュ クロン」、3年目の今年はインドの民族衣装である「パンジャビ ドレス」を着ました。他の教員ももちろんのこと、その子どもたちもローカルの子に変身しました。会場の中が様々な民族衣装であふれ、マレーシアという国の特徴を感じることができました。

このようなことは歓迎会だけで、送別会は民族衣装を着る人はほとんどいません。不思議だなと思いながらも、ほぼ3年周期で人が入れ替わっているので理由を知る人はいません。ただ、歓迎会は新しい先生方の緊張をほぐすためにこのようなことが始まったのではないかと思います。マレーシアという国を知っていただく一つの方法でもあります。

ウェルカムパーティ1ウェルカムパーティ2

【マレーシア通信No.10】

 

【マレーシア通信No.10】

~マレー桜~

昨年のことです。
「マレー桜がきれいに咲いていますね。」
入学式の準備が終わって、ほっとしたときに声をかけられました。
エントランスから校庭を見るときれいな花が咲いていました。

マレー桜3

「昨年も咲いていましたか。」

「もちろんです。昨年もきれいでしたよ。」

同僚の先生に言われ、気づいていなかったことがわかりました。

一年目は何もかもわからないことばかりで、周囲の様子にまで目が届いていなかったのです。一昨年、昨年と小学部1年の担任をし、「マレー桜」にお祝いをしてもらいその年度をスタートすることができました。

ローカルのスタッフはこの花を「マレー桜」とか「嘘桜」と言っています。本当の名前ではありません。なぜ、そのように呼ぶのかと聞くと、日本の桜が咲くころに咲く花だからと教えてくれました。

花弁はつながっていて、トランペットのような形をしています。色はピンクや白です。近くで見ると桜とは全く違いますが、遠くから見ると木全体がピンクや白に見え日本の桜を思い起こされます。緑の葉とのコントラストがとても美しいです。

本校のローカルスタッフに聞いても名前はわかりませんでしたが、シンガポール日本人会が出している本で調べて、「テコマツリー」とわかりました。

今年の春にペナン島へ旅行に行きました。そこで「ペナン桜」があることがわかりました。そして、私が住んでいるジョホールでは「ジョホール桜」と呼んでいることもわかりました。同じ花のことを地域で呼び名が違うなんて面白いです。きっと、マレーシアに住んでいる日本人か、日本へ行ったことのあるマレーシア人が呼び始めたのではないでしょうか。マレーシアの学校は1月から始まるので、新学期が桜の季節からスタートするという発想はありませんから。

本年度は3年目となり、ゆっくりと「マレー桜」を楽しんでいます。ただ、天候不順で入学式には間に合わず、4月末になってようやく咲き始めました。20メートルくらいの大木がどっさりと花をつけている様子は圧巻です。

そして、面白いことに年に数回咲きます。しかし、他の時期は春ほどきれいに見えません。桜は春という日本人の性がそうさせるのでしょうか。

今年は小学部6年生の担任をしています。彼らの卒業式に「マレー桜」が咲いてくれることを願いながら、充実した毎日を過ごしています。

マレー桜1

【マレーシア通信No.9】

 

【マレーシア通信No.9】

~マレーシアの果物~

今回はマレーシアの果物についてお知らせします。

こちらは常夏の国なので、年中同じ果物が収穫できるものと思っていました。しかし、種類によっては限定した時期にしか出回らないものがあるとわかり驚きました。バナナやパイナップルは年中見ることができますが、マンゴーやドリアンは時期が限られています。

赴任して1年目はマンゴーをパサに出かけるたびに買っていました。日本に比べて安く、甘くてとても美味しいです。ドリアンは数十年前に初めて見たときはその形と臭いに驚きました。腐ったような臭いは、とうてい食べ物とは思えませんでした。しかし、こちらで多くのドリアンを目にするようになり、臭いを我慢して食べてみました。

すると、何と美味しいこと!

果肉は甘くて、口触りも柔らかく、一度食べたら病みつきになりました。今はドリアンが大好きです。ただ、残念なことは6,7,8月しか収穫できないことです。場所によっては12月頃も採れるらしいのですが、あまり多くは出回りません。

マレーシアには椰子の木もたくさんあります。道路の並木やコンドミニアムの庭にもたくさん植えてあります。

マンゴー1マンゴー2

また、本校の校歌にも歌われています。(マレー語で椰子のことをクラパと言います。)

♫ ① クラパは空まで伸びて行く

② クラパは風にも負けないよ

③ クラパが勇気をくれるよね

毎年秋に開催する本校の学習発表会は、「ペスタ クラパ」と言います。日本語で「椰子祭」という意味です。果汁はジュースとして飲まれ、それがもっと熟すとクリームのようになります。カレーやデザートによく使われ、濃厚な味になります。

また、葉は編んで籠に、幹の皮は園芸の材料に、幹は木材として利用され、捨てるところがありません。このクラパの皮を図工の時間に活用しました。参観日の親子制作で皮に絵を描いたのですが、みんなとても楽しそうに取り組んでくれました。

作品

他にも、ランブータン、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ等々、たくさんの果物があります。日本の果物もとても美味しいですが、今はマレーシアの果物を堪能したいと思います。

こちらは、パパイヤの木です。
パパイヤ

 

 

【マレーシア通信No.8】

 

【マレーシア通信No.8】

~春節 チャイニーズ ニュー イヤー~

今回は、チャイニーズ ニューイヤーについて、お知らせします。

以前にマレーシアは、マレー系、中国系、インド系の3大民族の国であることをお知らせしました。チャイニーズ ニューイヤ-は、華人のお祭りです。今年は、2月8日、9日でした。

もちろん、マレーシアの国民の祝日です。中国系のお店はすべて休みになってしまいます。日本人学校も休みになります。

春節が近づくと街中に赤い提灯が飾られます。赤が縁起の良い色なので、街中が赤くなるといっても過言ではありません。1月末にクワラルンプールに行ったときに、ツインタワーの前に大きな赤ちょうちんのタワーができていたのを見ました。コンドミニアムのゲートハウスにも飾られます。華人の人たちは、老若男女を問わず赤い色の服を着てお祝いをしています。

無題1

また、花火を上げてお祝いをします。特に、前夜は夜の11時過ぎぐらいから花火が上がり始め、12時を過ぎるとあちらこちらから「ドーン、ドドド、ドーン。」という大きな音が響いてきます。その激しさは、戦争映画の爆撃や銃撃戦さながらの騒音です。初めて経験したときは、その凄まじさに驚きを通り越して、怖さを感じたほどでした。個人や地域で、競い合うようにして上げています。花火は1週間以上も続きました。

春節が近づくと、取引のある業者から蜜柑が届きます。蜜柑が贈答品とされるのは、広東語で「柑」の発音が「金(カム)」に近いからだそうです。色も黄色で、これも金色に近いからでしょう。イオンなどの店頭には、蜜柑の箱詰めが山積みにされています。ショッピングセンターやホテルの入り口には、金柑が鈴なりになった植木が飾られます。

そして、「ライオンダンス」や「ドラゴンダンス」が踊られます。「ライオンダンス」は、日本の獅子舞のようなものです。でも、日本の舞に比べるととってもにぎやかです。学級の子どもたちにこちらの文化を体験させたくて、「ライオンダンス」の衣装を借りてきました。学校の近くにある中国寺院にお願いに行ったところ、快く貸してくださいました。お礼は気持ちだけで結構ということで、20RM(約600円)をお供えしました。

無題2

借りてきた衣装を広げると、子どもたちは大喜びでした。大きな画用紙に「ライオンダンス」のお頭をはみだすほどに描きました。学習後は教頭先生が中に入って、学校中を練り歩き拍手喝采でした。この絵をもとに紙版画を制作し、最後には「ライオンダンス カレンダー」を仕上げました。

今年1年が幸せに過ごせることを願いながら。

 

1つの国で3つもの文化を体験できるなんて、マレーシアはすごい国だなあと改めて感じました。

【マレーシア通信No.7】

【マレーシア通信No.7】

~タイプーサム~

こちらは、チャイニーズニューイヤー前でとても賑やかです。

DSC_1761 (2)

お店はどこへ行っても混んでいて、お正月用のお菓子や蜜柑が山積みされています。チャイニーズの方がこんなに多く住んでおられることに今更ながら驚きます。

また、1月24日はインドのタイプーサムというお祭りでした。身体の至るところに針や串を打ち込まれた人が、町中を歩いて行くことで知られています。

007-1

タイプーサムにカヴァディ・キャリアーとして参加する信者は前日は完全な断食をし身体を清めるそうです。 行進をしている間、親戚や友人たちは、踊ったり歌ったりして勇気づけます。

006-1

彼らは一種の催眠状態になっているといわれていますが、見ている私たちでさえ苦痛を感じてしまいます。現在、発祥の地であるインドでは、危険であるという理由で、この行事は禁止されています。マレーシアとシンガポールのみ、行われているそうです。

【マレーシア通信No.6】

 

【マレーシア通信No.6】

~私が買い物をしている店~

私が住んでいる「ジョホール バル」には、イオンが4店あります。一番近いイオンは、コンドから1キロ程です、日本のイオンと同じようにm食料品、日用品、衣料品などを買うことができます。また専門店もあり、日常生活に必要なものはほとんど揃います。

テブラウイオンとブキットイオンはどちらも3階建てです。専門店の数も多く、ブランド品を売っているお店もあります。ブキットイオンにはダイソーもあって、いつもお客でいっぱいです。他にも多くのショッピングセンターがあって、買い物には不自由をしません。

しかし、シンガポールからの買い物客で混雑するので、午後から買い物に行くと大変です。日本のように駐車場はきちんと整備されていますが、勝手に入れて駐車しなさいという感じで、空いている場所を探して、車がぐるぐると回っていることが多いです。帰りそうな人を見つけて、その人についていくと早く見つかると教えてもらいました。

私は食料品(野菜、卵、鶏肉、魚等)はパサへ買いに行くことが多いです。品物が新鮮で、値段も安いと思うからです。

お店の人とのコミュニケーションも楽しいです。
野菜屋のお母さんは、「さよなら」と言ってくれます。野菜は日本の夏野菜はほとんど手に入ります。私はオクラが好きでよく買います。日本のものよりも大きくて長いです。

DSC_1541

鶏肉は、ケージに生きた鶏がたくさん入っていて、それらが次々にお肉になります。最初見たときは、さすがに買う気にはなりませんでした。子供の時に祖父がしているのを見たことはありましたが、何十年も経ってから見るとやはりすさまじいという感じがします。ローカルの方は、一羽丸ごと買っている人が多いです。多くの鶏が鳴いている横で、鶏肉を買うことにも慣れました。

DSC_1543

イスラムの国なので、豚肉を売っているところは囲いがしてあります。大きな塊がぶら下がっているようすは、びっくりポンです。まだ、買ったことはありません。

暑くて、衛生状態も日本に比べると良くないのに、パサにはハエがほとんどいません。品物が新鮮だから蠅が来ないと、同僚が教えてくれました。買い物にも慣れ、品物を選ぶ余裕もできました。

みなさま、良いお年をお迎えください。

【マレーシア通信No.5】

 

【マレーシア通信No.5】

~住まいについて~

マレーシアには様々な家がありますが、今回は私が住んでいるコンドミニアムについて、お知らせします。

ストレイツ ビューコンドミニアムといって、A棟からF棟までの6棟で、それぞれが20階まであります。但し、Gが1階なので、実際は21階まであるのでしょう。 6つの棟が円形状に建てられており、その中央にプールがあります。

DSC_1452 (2)DSC_1455

サウナ、ジム、カフェもあり、リゾートホテルのような感じです。 駐車場の上がテニスコートになっており、レッスンを受けることもできます。クリーニング店やミニマーケットもあります。 コンドミニアムの入り口には、ガードマンが24時間体制で常駐するゲートハウスがあります。

コンドの周囲は約1キロあるので、ウォーキングやジョギングをしている人が多いです。 外は危険がいっぱいといわれますが、コンド内は安心して過ごすことができます。 ただこれは、マレーシアのほんの一分の住まいであることを、ご了解ください。

【マレーシア通信No.4】

 

【マレーシア通信No.4】

~JSJ(ジョホール日本人学校)って楽しいよ!~

JSJは保護者の皆様にご支援頂きながら、楽しい行事を開催しています。保護者の皆様のボランティア活動がとても盛んです。今回はそんななかでも、「カレー曜日」について、お知らせします。カレー曜日は、学期に1回実施され、子どもたち、職員が野菜を持参します。肉とカレールーは、PTAが準備して下さいます。

当日、スクールバスの号車(例えば、Aバスはジャガイモ、Bバスはニンジンという ように。)によって割り当てられた、ジャガイモ、ニンジン、タマネギを持参して、エントランスに置いてある容器に入れます。野菜が山積みになっていくようすに、子どもたちの期待が高まっていきます。

1時間目が終了する頃になると、野菜や肉を煮込んだ良い臭いが廊下中に漂い始めます。休憩時間になって、廊下に出た子どもたちが、「先生、カレーの臭いがします! カレーができています!!」と、気持ちはカレーの方へ・・・。

4時間目が終わると、全校生徒が体育館に集合します。手には、ご飯が入ったお弁当箱を持っています。ご飯だけの子もいますが、スパゲッティ、うどん、エビフライ、とんかつ、ゆで野菜、目玉焼きなど、いろいろなものがご飯の横に入っ ている子も少なくありません。

カレーは、甘口、中辛、辛口の3種類で、自分の好きな辛さを選んで列に並びます。小学部低学年は、甘口、中辛、中学部は辛口に列ができます。そして、お母さん方がルーを入れてくださる様子を喜々としたようすで、見つめています。そして、全員で「いただきます!」

DSC00451

すると、どこからか、ハローウィンのオバケが登場!!! これもボランティアのお母さんが扮装されています。今回は、カボチャのオバケと白いオバケでした。そのオバケを見て、子どもたちは、

「〇〇さんのお母さんだ!」

と、叫び声を上げます。どうしてわかるのか不思議ですが、必ず扮装者を当ててしまいます。

DSC00467

DSC00470

ちなみに1学期は、アンパンマンとカレーパン マンでした。暑い国で、体育館は冷房がないので、扮装されるお母さん方も大変だと思います。

カレーは美味しい、全校生徒と一緒に食べるのが楽しい、キャラクターが出てくるのが楽しい等々、子どもたちも教職員もとっても楽しみにしている「カレー曜日」です。

 

【マレーシア通信No.3】

 

【マレーシア通信No.3】

~ジョホール日本人学校について~

私が勤務しているジョホール日本人学校をご紹介します。
正式名は「在マレーシア日本大使館付属ジョホール日本人学校」です。

現在の児童生徒数は、小学部が64名(男子30名 女子34名)、中学部が25名(男子14名 女子11名)の計89名です。年間約半数が入れ替わります。小学部1年から中学部3年まで、全て1学級です。

私が担任している小学部1年生は、今年度は19名が入学しました。近年に無い大人数でした。しかし、1学期末に2名が日本へ帰り、現在は17名になっています。

IMG_0872

授業は全て日本語で行われ、教科書も日本と同じものなので、学校のなかは日本とほとんど変わりません。特色としては英語教育に力を入れており、小学部1年生も週に2時間、英会話を学習しています。能力別に3クラスに分け、少人数で効果的な学習ができています。こちらに住んでいる子は入学前はローカルの幼稚園に通っていたので、ほとんどの子が英語を話します。発音もきれいで、うらやましい限りです。

学校の行事も日本とほとんど同じです。5月末には運動会がありました。10月3日には「ペスタ クラパ」という学習発表会を開催します。今は、その練習の真っ只中です。行事は小中合同なので、9年間の成長を見ることができます。

中学生の頼もしさを日常的に感じることができるのは、素晴らしい体験になるといつも感じています。中学生が声をかけてくれたり、いっしょに遊んだりしてくれるので1年生の子どもたちは中学生が大好きです。このように、子どもたちは仲が良くて、誰とでも協力することができる、心優しい子が多いです。

IMG_1390

 

稲美町国際交流協会スライドショー