ようこそ国際交流協会へ!

稲美町の国際交流活動の支援を行っています!

カテゴリアーカイブ: マレーシア通信

ホーム > アーカイブ > マレーシア通信

【マレーシア通信No.2】

 

【マレーシア通信No.2】

~ジョホールへの道~

退職を迎える年になったときに、どなたも同じだと思いますが、これからの過ごし方について考えるようになりました。これまでは多忙な毎日だったので、ゆっくりと過ごしたいという気持ちと、お役に立つのならばご恩返しがしたいという気持ちでした。長い間働くことができたのは、自分一人の力ではないことは十分わかっていました。周囲の方々のご支援のお蔭で教員生活を全うすることができたと感謝の気持ちでいっぱいでした。

今後のことをまだ決めかねているときに、「日本人学校シニア派遣」という書類を目にしたのです。

日本人学校で働きたいという希望は以前より持っていましたが、条件がクリアできずにあきらめていました。しかし、その書類を見ると全てのハードルが取り除かれていたのです。そこで、私を必要としてくださるならという思いで応募しました。

家族も理解をしてくれ、文科省での選考の際は自分の気持ちを十分伝えることができたように思います。そして、その年の初冬に封書が届きました。文科省からの大きな封筒です。

封を開けると、「ジョホール日本人学校」という文字が飛び込んできました。

「ジョホール?」どこかで聞いたような気がする・・・。

それもそのはず、初めての海外旅行がシンガポールでした。ジョホールはその対岸の都市なのです。マレーシア第2の都市で日本でいうならば大阪ということです。

ジョホール日本人学校の正式名は、「在マレーシア日本国大使館付属ジョホール日本人学校」といいます。小学部、中学部を合わせて90人程の小さな学校で、アットホームな感じです。

次回は、学校の様子をお知らせしたいと思います。

DSC_1149
ジョホールの州旗

DSC_1086
モスク

DSC_1042

 

【マレーシア通信No.1】

 

【マレーシア通信No.1】

みなさん、こんにちは。

今日から新しく、『マレーシア通信』を配信します。
楽しみにしてください!

『マレーシア通信』とは、現在日本語学校の教師として、マレーシアに赴任している稲美町在住の大辻智加子先生から、現地の情報を送って頂き皆様に発信するものです。

では、記念すべき第一回はこちら!

~マレーシア訪問記~

来馬して1年4ヶ月が経ちました。ジョホール日本人学校に勤務しています。

突然ですが、新聞に載りました!

1438292584537

誰が行ってもよいスルタンのハリラヤパーティがありました。そこへスルタンに会えることを期待して同僚と出かけたのです。たくさんの料理が用意され、大きなケーキがいくつも並んでいました。

1437191057054

もちろん、無料です。その際にインタビューされ、記事が掲載されたということなのです。

スルタンと握手をし、記念写真も撮りました。

14371909575951437190468894

ジョホール州の王様なので恐れ多いことです。マレーシアの国王は、13州あるうちの9つの州のスルタンの中から選ばれます。任期は5年なので、私が握手をしたジョホール州のスルタンも国王になる可能性があるということです。

ジョホール州は西マレーシアの一番南に位置し、シンガポールに面しています。 記事を見た日本の人から、新聞がマレー語ではなく中国語なのは何故かと質問がありました。マレーシアは、マレー系、中華系、インド系が三大民族です。私の記事が掲載されたのは、中華系の新聞だったのです。ちなみに、同僚は英字新聞に掲載されました。

街には、マレー語、英語、マンダリン(中華系)、タミル語(インド系)などさまざまな言葉が話されています。それだけ、さまざまな人種がいるということです。

昨年、本校生徒の作品が入選しました。

マレー系 中華系 インド系 不思議な街の住人となり  上記のように、さまざまな民族が仲良く暮らしている国です。

※私が着用しているのは、バジュ クロンという服です。
ハリラヤのパーティなので、ローカルの人から着ていくようにとアドバイスされました。

※スルタンはラフなシャツ姿です。ピンクの服の方は王女様です。

 

【注釈】

※スルタンとは、イスラム世界における首長ことです。マレーシアは首長国の集合体によって構成されている連邦国家です。ちなみにマレーシア国王は、スルタンではなく、アゴンと呼ばれます。

※ハリヤラパーティ:断食明けパーティ

※来馬:マレーシアは漢字で「馬」と表示されます。

稲美町国際交流協会スライドショー